「子どもたちが、生の体験を通して、英語を好きになれる場を作りたい」。そんな私たちの想いから生まれたのが、劇団キオとの提携によるマグナの英語劇です。
お申し込みいただいた全国の学校、または町の公民館などで、出張公演を行っております。

1. Story:英語を学習する意味にふれ「深い学び」を実現

1. Story:英語を学習する意味にふれ「深い学び」を実現

この作品では、英語が話せない主人公が、英語しか話さない少女と出会い、戸惑いながらも心を通わしていく姿を描きます。言葉や心の壁を乗り越え、友情を育んでいく物語です。英語を学ぶことで生まれる人とのつながり、新しい文化とのふれあいなど、英語学習のその先にある可能性を体験できます。
歌と笑い、そして英語を交えて、テンポの良いストーリーを展開。英語に自然に触れながら、笑顔があふれる時間を子どもたちにお届けします。

2. Technology:プロジェクションマッピング&CGで、異世界へご案内

2. Technology:プロジェクションマッピング&CGで、異世界へご案内

会場に設置したスクリーンにCG映像を映し出し、丁寧に作りこまれた物語の舞台を展開。学校や公民館にいながら、迫力満点の物語の世界へと子どもたちをいざないます。あらかじめ、何か特別な機材・設備等をご用意いただく必要はございません

会場に設置したスクリーンにCG映像を映し出し、丁寧に作りこまれた物語の舞台を展開。学校や公民館にいながら、迫力満点の物語の世界へと子どもたちをいざないます。あらかじめ、何か特別な機材・設備等をご用意いただく必要はございません

3. Action:文部科学省のガイドラインに準拠!「対話的」「主体的」な英語学習の時間に!

3. Action:文部科学省のガイドラインに準拠!「対話的」「主体的」な英語学習の時間に!

児童演劇を上演し、46年目を迎える劇団KIOは、お芝居を通じて子どもたちと心を通い合わせるプロフェッショナル。劇に引き込まれた子どもたちは心を開き、集中力と想像力で、頭をフル回転させ始めます。劇が終わるころには、いつのまにか、子どもたちが楽しんで英語を口に出し始めるのです。そのとき得られた体験は、必ず気づきとなり、成長へと繋がっていきます。

劇団KIOのご紹介

劇団KIOのご紹介

一般社団法人KIOは、子ども演劇46年目を迎える大阪の劇団です。小中高校生を対象に、芸術鑑賞会や学校公演だけでなく、パフォーミングアートのフェスティバル運営や海外アーティスト・カンパニーの招聘、マネジメントも行っています。 芸術文化の力をもって、子どもたちの健やかな育成、想像力や創造性の向上、感性の育みを目指し、ダイバーシティの創出に寄与することを目的としています。

観劇特典アプリ「マグナ英語マスターQUO(クオ)」

劇をご覧頂いた学校に、オリジナル特典アプリを無料でご提供します。
マグナのキャラクターQUOが、楽しく英単語やフレーズの発音をチェックします!

the

the break

below

below

〜「マグナとふしぎの少女」 原作者・孫 泰藏氏〜

ロボットやAIが当たり前となる時代を生きる子どもたちにとって、楽しみながら夢中になれることを見つけるのは非常に重要です。「マグナとふしぎの少女」をきっかけに、異なる言語や文化に触れ、自らの視野を広げることで、幅広い選択肢の中から打ち込めるコトを見つけて欲しいと願っています。

the break

the break

for below

apple google
apple google
logo

apple apple apple apple apple apple

apple apple apple apple apple apple apple

©MINTFLAG Inc. All Rights Reserved.

logo

apple apple apple

apple apple apple

apple apple apple apple apple apple apple

©MINTFLAG Inc. All Rights Reserved.

back